サロンへ行く前に…体毛について知ろう

今、女性から注目を集めている脱毛サロン。

 

毎日ムダ毛処理をするのは面倒だけど、必要じゃなくなると人気が沸騰している美容術です。

 

が、人気が高まってる光脱毛だけど、以前にこのページを開いてる皆様は、
体に生えている体毛の仕組みやその構造を理解していますか?

 

脱毛のためのサロンに行く前に自分の体毛を知っているのはすっごく大切なポイントです。

 

自分の体毛について知ってるか知らないままかで、お店選びの時に不安なことも質問しやすくなります。

 

そうはいうものの、自分の体の毛の仕組みや構造についてわかってて、
サロンに行く人はあんまりいないみたい…

 

なので、このページではみんなに生えてる毛ってどんな仕組みで、
どんな構造なのか纏めてみたいと思います。

 

 

毛根部のこと

まずはじめに体毛の仕組みをご説明します。

 

このページを読んでいる皆様に悩ませているムダ毛は見える見えてるところを「毛幹」
お肌の部分から下に合ってみえないところを「毛根」と名付けられています。

 

さらに奥、毛根の元毛根部に続いている球のところを毛球と呼び、
毛球の先っぽに「毛乳頭」というところがあります。

 

この下毛乳頭のとこには血管を伝って栄養分を吸って体毛を伸ばす役目を負っています。

 

まとめると、毛が伸びるには体の毛の中でも丁寧に言うと一番下の所にある
毛球の先端部の毛乳頭が大切な役目をもっています。

 

というわけでカミソリで見えている毛幹のところだけを剃ったとしても、
この毛乳頭と呼ばれているところが残存していると体毛は生えてきてしまいます。

 

もっと詳しく言うといと毛乳頭の部分は毛母細胞が作ってるんだ。

 

だから、毛抜きで体毛を抜くことで毛乳頭が消失したとしても、体内の毛母細胞が残存していると、
次の毛乳頭のパーツが製造されてきてその部分から再び毛が生えてしまうのです。

 

 

毛ってどう生えるの?周期は?

毛は成長して抜けてしばらく休みを置いて成長と決まった周期で巡っています。

 

毛が長くなる時期は、毛細血管から毛乳頭に向かって伸びるための養分が運ばれて、
毛母細胞の部分まで行くんだ。

 

それが起こると毛母細胞部分の細胞の分裂がどんどんおこって毛球ができます。

 

そうしたらストップすることなく、毛母細胞と呼ばれるパーツが、このペースで分裂しちゃって
ついには体毛として皮膚の外までがっつり長くなってしまうのです。

 

今度は、体毛の成長する速さはどこの毛かによって違いがあります。

 

髪の毛は速く長くなり1日で1/3mmほど長くなります。
もっと言うと腋毛も案外早く伸びてきて24時間で0.3mmくらい伸びます。
他には目の周りのまつ毛や眉毛はその成長スピードは遅く、24時間で0.18mm長くなります。

 

以上に述べたように、十把一絡げに体毛って呼んでても、その長くなる速さは全く違うのです。

 

 

毛周期

ここからは先ほどお話した「毛周期」について、少しだけしっかりとまとめてみました。

 

前の所で生えたり抜けたり、また伸びるを繰り返すと話しました。

 

このように毛は休み・伸びる・抜けるといった、新しく体毛が生まれるための
周期が3つ存在するんです。

 

休止期の毛はお肌の下の見えないところで毛が長くなろうとしている準備をします。

 

成長期で必要な要素を吸い入れてぐんぐん成長します。

 

退行期になると毛と毛乳頭のとこが結合が弱くなり抜けていく周期を指します。

 

だから伸びる時期の毛を抜毛しても、お肌の奥にあるわからないところに、ここから生える毛が待っている状態です。

 

そのため、手間をかけて毛を抜いてみても時間がたつと長くなろうと眠っていた体毛が長くなってしまうんだ。

 

ついでに言うと私たちが目で確認できる部分は1/3くらいないというデータがあります。

 

その上毛周期と言うのはそれぞれ毛が生えているパーツによってちょーっとずつ変わります。

 

毛の中ですこぶる毛の周期がまでが長いのが頭の毛で抜けるまでの期間が
3年以上続いて抜け落ちる時期になるとなーんにもしなくても落ちていきます。

 

さらに詳しく言うと頭の毛は1日50本落ちちゃう報告されています。

 

さらに言うとフェイスとボディだと顔の毛の方が抜けるまでは短いようです。

 

顔の毛はほとんどが2カ月くらいで、身体部分の毛のその多くの毛周期が、
3カ月から4カ月あると言われています。

 

そのようなわけで体と顔、全身の毛をいっぺんにそってもフェイス部分の毛がすぐに伸びます。

 

 

毛、その役割

ムダ毛と呼称されてますが、実は、そのムダ毛にもしっかりとして役目を担っています。

 

いくつかの役目について説明します。

 

我々の体毛は

 

1.皮膚の保護機能
2.保温・断熱機能
3.感覚機能
4.紫外線防止機能

 

これら4つの役割を持っています。

 

皮膚を保護する役目は物理接触から守る目的のことを指しています。

 

例えば、頭は髪の毛、ワキに生えている毛は脇を守る挙げられます。

 

次に、保温・断熱機能です。寒さから身を守ってくれ、逆に日光からの光を断熱の働きを言います。

 

さらに、感覚機能です。ふだんは考えないかと思いますが、体毛は感覚を感じる役目があります。

 

毛を剃ってしまうと、感知機能が少しではありますが弱まってしまうと報告もあるようです。

 

最後に、紫外線防止機能です。私たちの体毛は太陽から降り注ぐ紫外線をカットする役目もあります。

 

以上のようにムダ毛とは言っても、ちゃんと意義があります。

 

 

ここまでのまとめ

 

ここまで体毛について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

体の毛のことやどんな仕組みを持っているかなど、説明できるようになりましたか?

 

毛についての知識を持っていれば光脱毛のことやサロンに行く周期など分かりやすくなり、
お店を選ぶときに大きな助けになること間違いありません。

 

 

 

関連ページ

自己処理より脱毛サロンが効く!
自己処理より脱毛サロンが効きます。費用が掛かるなどのデメリットはありますが、その分メリットの方が圧倒的に多いです。自己処理が不要・肌自体もキレイになる・美的意識が強くなるなど自己処理より脱毛サロンでの脱毛が断然効きます。是非ご利用ください。
1回で脱毛が終わらないその訳とは?
1回で脱毛が終わらないその訳はどうしてなのかをお教え致します。主な要因は毛周期が大きく関係しています。さらに、脱毛サロンによって施術回数は違い、施術するマシンの性能がサロンごとに違うからです。脱毛が1回で終わらないその訳はどうしてなのか分からない方は是非参考にしてください。